札幌の注文住宅での施工事例~リビング編~

札幌の注文住宅での施工事例~リビング編~

注文住宅を建てる際にはある程度理想を膨らませておくことが重要です。とくにリビングは生活の拠点になるので、妥協のないデザインや性能を考えるべき。ここでは注文住宅で人気のリビング施工事例をまとめてみました。

優しい暖かさの暖炉を設置したリビング

家具や食器をタップリ隠せる収納のあるキッチン
家具や食器をタップリ隠せる収納のあるキッチン

こちらはリビングに暖炉(薪ストーブ)を設置した施工事例。特に北欧風のデザインが若い方に人気があります。エアコンのように空気ガ乾燥しにくく、遠赤外線効果で芯からじんわりとあたたまることができます。
写真のようなタイプは壁に埋め込むタイプよりも工事の手間や費用を抑えられ、さらに高い暖房効果も期待できます。

電気代がかからない反面薪を買うとなると維持費が結構かかってしまいますが、燃える火には心を落ち着かせる効果も期待できます。安い買い物ではないためその場の勢いで決められるものではありませんが、生活に癒しを求めている方は検討してみる価値は十分にあると思います。

スキップフロアで広い空間を演出したリビング

広さがたっぷりとられた自由度の高いキッチンスペース
広さがたっぷりとられた自由度の高いキッチンスペース

白とナチュラルを基調としたこのリビングではスキップフロアを採用し広い空間の演出を可能にしています。スキップフロアとは簡単に言えば「中2階、1.5階」といったもの。(画像で言えばテレビの上のスペース)
壁の仕切りをなくすことで空間に広がりができ、限られたスペースでも広く感じれる視覚効果を与えられます。似た建築技術として吹き抜けがありますが、それよりも空間を有効に活用できる上に掃除も楽なので近年採用される方が増えてきています。
一方、壁がないということは耐震強度的にも高い技術力が求められます。検討している注文住宅会社がスキップフロアに対応している場合、そういった点についても確認しておくことが重要です。

スタイリッシュで個性的な吹き抜けのあるのリビング

機能性と開放感に優れたアイランドキッチン
機能性と開放感に優れたアイランドキッチン

こちらは映画に出てきそうなスタイリッシュなリビング。モノトーンを基調としながらも壁にこだわることで単調な雰囲気になることを避けられています。吹き抜け仕様になっているので広々とした空間を演出できます。
さすがにスキップフロアと比べてもその空間は圧倒的。また掃除の手間が気になるなら脚立を用意するのもひとつの手です。普通に掃除するよりは手間がかかりますが、それだけの手間をかける価値は充分にあるでしょう。(とはいえ結構な高さになるので高所恐怖症の方は良く考える必要があります)
部屋をそこまで必要としない、リビングが主な生活スペースである、という方は吹き抜けを検討してもいいでしょう。