札幌の一戸建ての予算はみんなどれくらい?

札幌の一戸建ての予算はみんなどれくらい?

札幌

世帯年収などから、住宅ローンの組める上限金額がわかり、だいたいの予算が決まっても、気になるのは、みんな実際にどれくらいの予算で家を建てたの?というところだと思います。このページでは、平均よりも建設費にお金をかけすぎなのでは?といった不安を解消していきます。

北海道の一戸建て建設費平均って?

土地の値段は場所によって大きく異なりますが、一戸建ての建設費用はだいたいどこの地域も変わりません。では、北海道にお住いの人はみんなどれくらいの予算で一戸建てを手に入れているんでしょうか。住宅ローンの「2016年度フラット35利用者調査」から調査データを引用してご紹介します。

北海道では、平均して建設費3,115万円(頭金544万円)の予算で注文住宅を建てています。住宅面積の平均は、137.5㎡(約41.5坪)です。全国平均の建設費は3,308万円なので、それよりは少し安めですね。月々の返済額に直すと、8万~9万円程度になります。

世帯年収では、平均して600万円くらいのファミリー層(40代前後)が建設していることが最も多いようです。実際には、建設費用で1,000~1,500万円くらいあれば、家は建ちますが、外構工事の費用などもいれると2,000万円は必要でしょうか。

世帯年収ごとの予算はどれくらい?

全国でマイホームを購入した人が、どれくらいの年収でいくらの家を購入したのか表しているのがこちらです。

(参考)引越侍のアンケートより

札幌市の勤労者の平均世帯月収は、約46万円(平成30年2月)だそうです。(「札幌市統計書」より)単純に世帯年収に直すと、552万円くらいですから、上記の表に照らし合わせると、2500~3000万円くらいの費用をマイホームにかける人が多そうですね。

また、世帯年収に関わらず、2500~3000万円という予算は一番のボリュームゾーンとなりそうです。

一戸建て住宅でこだわると費用がUPするポイント

札幌の一戸建て

戸建ての注文住宅は、こだわりはじめると、はじめに設定した予算を軽く超えていってしまいます。こだわりポイントを少し減らすことで、建設費用は安くなります。では、どんなことに注意すれば安く済ませることができるのでしょうか。

外観は凸凹を少なくする

家は真四角のかたちにすると、一番安く建てられます。1階と2階で面積の違う家は余計に屋根が必要になりますし、家が凸凹としている場合は外壁の量が、真四角の場合よりも増えます。柱などの量も、真四角の家に比べて多く必要になりますから、家の形をシンプルに変更することで、延床面積120m2くらいの家だと総額50万円~80万円くらいは節約できます。

フェンスや門をなくす

こちらは、外構工事の一部になりますが、フェンスなどをなくしてしまうのも1つのコストダウンの例です。外構工事は、お金に余裕が生まれたときに、あとから設置することも可能ですから、いったん作らず、他のもっと必要なものにお金をかけてはいかがでしょうか。もちろんモノによりますが、90万円程度は節約できます。

キッチンの吊戸棚をやめる

システムキッチンは、吊戸棚を省いて設置することができます。対面キッチンの場合だと、よりすっきりした印象にもなりますから、検討してみましょう。既製品ではなく、代わりに備え付けのオープン戸棚を作ったほうが安い場合もあります。